埼玉の医療を歴史的な背景から分析

現在の埼玉では、医師の不足が大きな問題になっているため、様々な対策が行われています。都市部の人口増加の影響に加えて、秩父などの山間部の過疎化も重なって、全域で充実した医療体制を構築することが難しくなっています。長い歴史で見ると、埼玉は優秀な医師を多く排出した地域ですから、現在の状況を打破することも十分に可能です。

 

室町時代の埼玉では、漢方医学では後世派の開祖とされる田代三喜が登場し、武蔵国の各地で熱心な医療活動を行いました。田代三喜の弟子では、織田信長や毛利元就からも信頼された曲直瀬道三が代表的です。

 

明治時代には、埼玉の妻沼では女医の第一号が生まれていることから、近代化になっても医療の技術は着実に進歩していきました。現在の医師不足は問題ですが、大学病院から小さな診療所に至るまで、優秀な医師によって埼玉県民の健康が守られています。各地の自治体では、健康に関する取り組みも行って、医療費を削減するための活動も推進しています。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/